『仕事の悟り』 未来への経営

アクセスカウンタ

zoom RSS ≪133≫今の実力を超えるために

<<   作成日時 : 2012/01/25 08:47   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


いかに優秀な偉人や聖人といえども、
この、乱気流の中で舵取りをすることは
難しいのではないかと思える
今日、この頃。


むしろ、これから数年の間に襲い来る事件を
今のうちから察知することなく
既にある、数々の警告に気づくこともなく
平凡な人生を生きることができたならば、
それは、それで、幸せなのかも知れない。


しかし、誰かが、その時代の真意に気づき、
一手を打っていかなければならない。



そして、それが「あなた」だとしたならば、
心からエールを送りたい。


−−−−−−−−−−−−−−−−−

難題に立ち向かうために必要なこと。
それは、現在の自分を超えること。

その方法とは、
「明るさ」と「リラックス」だ。


心を軽くし、
他人の評価という、しがらみ・呪縛を断ち、
何も産出さない 先入観やこだわりを捨て、
ただ、一生懸命に取組む。
その時、今の自分の実力を超える力が発揮されるのだ。


唐突に「明るさ」と「リラックス」と言われても、
ピンとこないかもしれないが、
裏返して考えればどうだろう?

●「明るさ」と「リラックス」を保てない時とは・・・、

・失敗を恐れている。
・自分の評価に重大な影響を与えると身構えている。
・上司や部下の欠点が目に付く。
・他人が自分を否定しているとしか思えない。
・自分のことを理解してもらえない不満がある。
・悩みや隠し事がある。
・何かを失うという恐怖心がある。
・自分が大変になるのは嫌だと、保身が働いている。
・漠然とした不安がある。
・世の中、つまらないと感じる。
・○○せねばならないと、縛られている。
・○○すれば、□□になるという先入観が邪魔をする。
・etc・・・

こういった心境にあることが多い。


●一方で、自分の実力が発揮できない時はどうか?

試しに、「明るさ」と「リラックス」が保てない時の
項目を当てはめてみよう。
・失敗を恐れている。
・自分の評価に重大な影響を与えると身構えている。
・上司や部下の欠点が目に付く。
・他人が自分を否定しているとしか思えない。
・以下・・・(上記項目)

驚くほど、項目が一致する。

「明るさ」と「リラックス」を保てない要因は、
持っている実力すら発揮できていない要因でもあるのだ。


とすれば、こんな使い方ができる。

自分が、実力を発揮できていない理由を、
複雑な環境のせいにしたり、
いろいろな都合や、言い訳によって、
自分以外のせいにしたい時もある。


しかし、本当に、成果を上げたいならば、
自分に問いかけてみてはどうか?

自分は、今、明るいか?
リラックスできているか?
前向きか?
伸び伸びしているか?


簡単な問いかけだ。

しかも、
誤魔化しがきかない。


この時に、自分の仕事のパフォーマンスも、
そこに働いている自分の思いも、
客観的に検証できるのだ。


もちろん、リラックスより、
適度な緊張が必要という人もあろう。
そう。それは正しい。

ただし、緊張感にあっても、
それを超越する、「解き放たれた自己」が保ててこそ
実力を超える力を発揮することが出来る。
つまり、単なる緊張をコントロールする、余裕が必要なのだ。

他人の評価を得るために緊張するのではなく、
自分の生きる姿勢に、ほど良い緊張を持つ。
「自分が後悔しない人生」を生きるということに
100%の責任を持つことだ。


今までに経験しなかったことが次々起こりうる
厳しい環境であるからこそ、
今までの自分以上の実力が発揮されるよう、
「明るさ」と「リラックス」
この心境を維持する。
決意と覚悟と努力が必要なのだ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここで、老婆心ではあるが・・・、
頑張りすぎ、息切れして実力が発揮できない
「真面目」な方のために補足しておこう。

ポイントは、
「焦らず」
「諦めず」
「無理をせず」で
進み続けること。

要は、「継続」することだ。

この環境の中で、いかに結果を出し続けるか。

いつ途切れるとも知れない問題の連続に
全部正解しようとしても苦しくなる。
焦っても、諦めても、無理をしてもいけない。
トータルで勝つためには、継続への配慮が必要だ。

もちろん、一つの結果を出すために
集中し続け、
寝食削ってやり遂げてしまう方法もある。
時には、それも必要だ。

しかし、これも程々にしておかねば、
長い時間で見た時の結果は、
決して良いものとはならないであろう。


そして、基本的なことではあるが、
走り続けてダウンしないような
身体的な面でのコントロールも必要となろう。
意外に疎かにされやすいので、念を押す。

優先順位を明確にし、
状況や、自らの体調に合わせ、
自由自在に時間を使いこなす。
これが大切だ。

そして、

焦らず
諦めず
無理をせず

ポイントは継続である。


そして「明るさ」と「リラックス」を持って
この時代の勝利者として、
本物の栄冠を手にしていただきたい。

        

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス
≪133≫今の実力を超えるために 『仕事の悟り』 未来への経営/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる